閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【パチンコ】パチンコ屋「プロ禁止」は有効? 「遊戯」が上手いからって追…
  2. 【サッカー】第96回全国高校サッカー選手権大会 組み合わせ決定! 連覇…
  3. 【野球】藤浪 秋季Cで右肩痛発症していた 今オフは肩休め専門家行脚へ
  4. 【サッカー】川島にベルギーファンが「スシ」コールの洗礼 「完全におちょ…
  5. 【格闘技】格闘代理戦争 山本KIDの秘蔵っ子・スソンが宣戦布告「全員ぶ…
  6. 【藤原紀香】圧巻のドレス姿にネットの評判はいまひとつ…「なぜいつも悪趣…
  7. 【テレビ】松本人志、日馬富士に「説教は酒の場でやっちゃだめ」
  8. 【テレビ】「V6」「AAA」今年は紅白出場せず ベテラン香西かおりの名…
  9. 【アイドル】須藤凜々花、あの騒動は振り返るも「反省してるって言えって言…
  10. 【紅葉の錦】海老蔵が小林麻央さんお別れ会意向「来年あたりに」
閉じる

マトメッター

【サッカー】ヘディングと認知症の因果関係は? 元イングランド代表が番組で調査 「(番組内での)テストはまあ、酷いものだった」★2

お金持ちの利権与えます 夢を勝ち取れ!!!!!!!!!!
絶対当たる競馬裏情報

~PR~

1 :shake it off ★:2017/11/10(金) 11:16:30.73 ID:CAP_USER9.net
◆ 「若い頃、一日に150回はヘディングをしていた」

度重なるヘディングは脳にダメージを与え、やがて認知症などの病につながるのか。昨今注目を集めているこのトピックに、元イングランド代表のレジェンドが切り込んだ。自身のキャリアで挙げた通算252ゴールのうち、実に5本に1本がヘディングによる得点(46点)だった名手、アラン・シアラーだ。
 
 現在47歳。英国国営放送『BBC』のサッカー番組で名物解説者として活躍中だ。そんなシアラーがヘディングと認知症の因果関係について考え始めたのは、2015年公開の米映画『コンカッション』を鑑賞したのがきっかけ。アメフトという競技が脳に与える影響を探求した、実在の医師の物語である。元プロサッカー選手の中にも認知症を患う者が多いと聞かされ、自身も他人事ではないと感じるようになった。
 
 今週日曜日の11月12日、シアラーがホストを務めるドキュメンタリー番組「認知症、フットボール、そして僕」が『BBC』で放送される。その中で彼は認知症に苦しむ元選手や家族の元に足を運んでインタビューを敢行。さらにヘディングがどのように脳に影響を与えるのかを検証し、みずからが検体となって、CTスキャンや記憶力テストなどを通して自身の脳をあらゆる角度からチェックしたという。
 
 診断結果は放送で明かされるが、シアラーは番組紹介の一環で英紙『Mirror』の取材に応え、こう想いを明かしている。
 
「これまで十分な検証がされてこなかった分野だ。どこかで見て見ぬふりをされてきたように思う。現実を見れば、年老いた元プロフットボーラーで、認知症に苦しんでいる方は本当に多い。目を背けてはいけない現実なんだ。(番組内での)テストはまあ、酷いものだった。僕の記憶力はかなり拙いレベルだったね」
 
◆ 1966年W杯で世界王者に輝いた3人の偉人も
現役時代、自身は指導者や監督から繰り返し、ハードなヘディング練習を課されたという。
 
「若い頃、一日に150回はヘディングをしていた。巧くなりたかったから当時は疑うこともなくね。ひとつのゴールを奪うのに、1000回はヘディングの練習をしただろう。もし関連性が医学的に証明されるなら、かなりリスキーなことをしていたものだよ。いまの生活の中でも、現役時代に負傷した箇所に痛みが出ることがある。膝や足首、背中といった具合にね。でもまさか脳にも影響があるかもしれないなんて……。現役時代は想像だにできなかったよ」
 
 1990年代前半、若きシアラーにヘディングの技術を叩き込んだのが、当時サウサンプトンを率いたクリス・ニコル元監督だ。番組に登場した71歳の恩師は、「私はいま、記憶障害に苦しんでいる。ヘディングをやりすぎたせいだ」と告白。それを聞いたシアラーは「聞くのが辛い話だ。僕をプロデビューさせてくれたのがクリスだった。当時の彼はそれが正しいと信じて、僕に指導していたんだ」と語った。
 
 同紙によれば、自国開催となった1966年のワールドカップでイングランド代表を世界チャンピオンに導いた3人のレジェンドも現在、認知症などの脳の病に侵されているという。ノビー・スタイルズ、マーティン・チバース、そしてレイ・ウィルソンの偉人たちだ。
 
 はたして番組では、どのような結論が導き出されるのだろうか。世界のサッカー界に一石を投じるドキュメンタリーとなりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00032247-sdigestw-socc

※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510188815/

56 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 15:42:29.83 ID:wwYgmQh70.net

ヘディングよりも脳にダメージはボクシングとか柔道とか色々あるだろ
そういったスポーツと比べてどうなんだろうね?

112 :名無しさん@恐縮です:2017/11/13(月) 21:18:15.30 ID:HEriqbvC0.net

サカ豚だんまり

44 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 13:49:31.96 ID:ofUdzF9L0.net

ヘディングには認知症やうつ病、ALS、パーキンソン病などのリスクがあるのに
それを知らされないままヘディングしまくってたサッカー経験者は気の毒だね・・・

57 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 15:45:22.82 ID:rLs9LrGF0.net

そもそもが、ヘディングするシーンって少ないしな
パーセンテージでも出てる。
例えば、長身のクラウチは意外にヘディングゴール少ないとかね

99 :名無しさん@恐縮です:2017/11/12(日) 12:09:13.73 ID:QUJD4PNf0.net

ヤバイ

6 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 11:34:28.31 ID:TQZuv5KA0.net

特に
昔の重いボールでやってた人らは
みな、脳に障害でてるんじゃないか

19 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 12:04:31.56 ID:VKCE87TX0.net

ヘディング禁止にして、身長の優位性もなくしたほうが
足を使うことこそが本質であるサッカーの発展のためにはいいだろ

12 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 11:47:30.62 ID:a8c1s3gn0.net

>元プロサッカー選手の中にも認知症を患う者が多いと聞かされ、
>自身も他人事ではないと感じるようになった。

プロ野球選手で認知症になった人、聞いたことある?

62 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 17:06:02.26 ID:8eixigdP0.net

>>61
だから、それがヘディングに直結する理由は?
その脳震盪の発生件数にヘディングによるものが何件あるの?

サッカーの脳震盪件数のほとんどは選手同士の衝突と空中からの落下と近くからのボールの衝突というのは常識。

33 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 13:26:33.58 ID:o2gMXo89O.net

>>30
昔から問題は言われていたが、殿堂入り名選手の証言や自殺が、広く知られる契機になった

122 :名無しさん@恐縮です:2017/11/14(火) 01:09:36.82 ID:+eSJ2fUT0.net

>>116
アメフトは認知症だけじゃないよ
ALSの発症率も格段に高いという調査結果もある・・・

83 :名無しさん@恐縮です:2017/11/11(土) 10:43:43.28 ID:4b5DAgYm0.net

>>69
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_association_footballers_who_died_while_playing
去年プレー中に死んだサッカー選手8人中6人が心臓発作
今年プレー中に死んだサッカー選手6人中5人が心臓発作

危険すぎる

60 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 16:28:33.82 ID:77WZz4QM0.net

子供は禁止ね

9 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 11:37:42.03 ID:otpoHBNA0.net

ヘディングを禁止すれば済む話じゃね?

なぜ一番器用な手だけ使用を禁じてるくせに
脳味噌揺らしてボールを急所の頭にぶつけるなんて
意味不明なことを推奨してんだよ?

全く意味の分からん競技だ

89 :名無しさん@恐縮です:2017/11/11(土) 19:02:12.15 ID:F+/RH5go0.net

だからサカ豚はすぐにキレるんだな

81 :名無しさん@恐縮です:2017/11/11(土) 09:32:56.83 ID:OZQUKtsc0.net

ヘディング禁止した方がいいんじゃねえの?

70 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 20:10:37.11 ID:kCHDAC2a0.net

ヘルメットが必要

54 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 15:16:21.39 ID:8eixigdP0.net

>>30
アメフトの脳震盪とヘディングの脳震盪のリスクは全く別と前スレで散々言われてる。
これを混同するのは正直どうかしてると思う。

10 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 11:38:47.29 ID:zwLyQcgY0.net

サッカー選手とボクサーはそっくり

サポーターも子供に水をかけたりするから脳の検査が必要

95 :名無しさん@恐縮です:2017/11/12(日) 00:18:26.12 ID:1G1q7QL70.net

107 :名無しさん@恐縮です:2017/11/13(月) 11:09:43.30 ID:TTcwn6+Y0.net

子供にやらせる親が一番アホだよな

78 :名無しさん@恐縮です:2017/11/11(土) 02:25:58.82 ID:oUQMC1av0.net

一瞬の栄光のために大きなものを失うって
素敵やん

92 :名無しさん@恐縮です:2017/11/11(土) 20:23:37.39 ID:WzmWF0wN0.net

一応国立理系には逝った
でも俺の暗記力は多分平均以下w
子供の頃剣道してて、頭打たれる度に凄い痛かったけど
あれもその理由の一つかもナ 面て頭頂部は厚い布があるだけで
上級生に面の練習とかされると頭頂部直撃だったんだよ

面の構造が当時と似たようなもんなら、子供への生涯かけた
虐待だし、子供の球蹴りと剣道は禁止にしろよ

20 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 12:06:16.00 ID:VUSrv8oC0.net

天使降臨!ダイハツブースの清楚美女【東京モーターショー美女めぐり】
http://utzop.ryanjlowe.biz/2017111002.html

【TOKYOモーターショー2017美女めぐり】[ 美人揃いで話題]沸騰だったダイハツコンパニオンまとめ
http://utzop.ryanjlowe.biz/2017111001.html

113 :名無しさん@恐縮です:2017/11/13(月) 22:09:14.98 ID:XoHlADaA0.net

死球脳>>ファールボール脳>>>>>ヘディング脳だからな

アメリカでは頭部死球が原因で何百人も亡くなってると発表されてる
送球や打球での死亡例も少なくない
ヘディングと違って一発食らっただけで死の危険があるからな
死亡までいかなくとも頭部死球経験者はサッカー選手より脳にダメージあるのは明らか
野球選手なら人生で一度は頭にボール当たったことあるだろう
ほとんどの野球選手はヘディング脳より脳にダメージあるってことだ

観客もファールボールで脳にダメージ
失明のほうが目立ってるけど脳もかなりヤバい

109 :名無しさん@恐縮です:2017/11/13(月) 13:21:09.20 ID:kBsEVZD+0.net

>>103
3馬鹿トリオw

98 :名無しさん@恐縮です:2017/11/12(日) 08:56:05.38 ID:ZuB5cdlh0.net

面白いけどなんとなく結果アリキ

39 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 13:33:14.49 ID:jr3JOqU20.net

>>38
おじいちゃんアドバイスありがとな

67 :名無しさん@恐縮です:2017/11/10(金) 19:08:07.39 ID:8eixigdP0.net

>>66
例えば試合やチームのトレーニングで禁止にしても、少なくともプロを目指す子供たちは自分で勝手に練習するんじゃないの。
子供の頃から練習して正しいヘディングの仕方を覚えないと大人になった時にヘディングで受ける脳のダメージは更に大きくなるという話もある。

116 :名無しさん@恐縮です:2017/11/13(月) 22:43:08.13 ID:nrLQ9CAI0.net

>>3
>>63
×サッカーのレジェンドがヘディング脳
○ただの高齢者のボケ

アメフトみたいに40前後では発症しないわけじゃんw

~男前向けPR~

~★大人向けPR★~


関連記事

  1. 【テニス】フェデラー「もう24歳ではない」、全仏以外のクレー全大…

  2. 【芸能】GACKT新曲MV グロすぎて「規制かかる?」と心配の声…

  3. 【芸能】<今田耕司>清水富美加に理解!「俺は全然ええ。死んだらど…

  4. 【陸上】亜大陸上部 5億円新合宿所公開「日本の中でも最高レベル」…

  5. 【英国王室】ヘンリー王子、ついにメーガン・マークルを女王に紹介?…

  6. 【サッカー】精力的活動実った?FC東京マスコット「東京ドロンパ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る