閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】 「ワインとフルーツを手に裸で…」 ロシア代表のスター選手…
  2. 【サッカー】<Jリーグ>J3クラブライセンスの申請があったクラブに関す…
  3. 【格闘技】K-1 武尊が圧巻の初回KO勝ち、皇治への怒り爆発させ制裁宣…
  4. 【サッカー】<C・ロナウド>ユヴェントスでのCL初戦で一発退場!不可解…
  5. 【LIVE】貴乃花親方が会見 相撲協会に退職届 17:00〜 ★3
  6. 【格闘技】闘病しながらUFCと契約を続けたKIDさんの思い
  7. 【文芸】<新潮社>看板に「あのヘイト本、Yonda?」 「落書きの神髄…
  8. 【海外芸能】セリーヌ・ディオン、17年続けたラスベガス公演終了へ 20…
  9. 【映画】山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』が金曜ロードSHOW!で地上波初…
  10. 【芸能】“リアル峰不二子”小倉優香、美バスト弾むビキニ 超絶美脚も披露…
閉じる

マトメッター

【海外】死ぬほど素晴らしい! アガサ・クリスティ原作「無実はさいなむ」ドラマ版

お金持ちの利権与えます 夢を勝ち取れ!!!!!!!!!!
絶対当たる競馬裏情報

~PR~

1 :shake it off ★:2018/04/12(木) 21:09:21.02 ID:CAP_USER9.net
ミステリの女王”アガサ・クリスティによる1958年の小説「無実はさいなむ」を英BBCが映像化したドラマ『Ordeal by Innocence(原題)』が、イギリスのミステリ愛好家たちに好評だ。3話構成のフーダニット(犯人を当てる形式の推理モノ)で、4月1日から毎週一話ずつ放送されている。一度は放送中止の危機に見舞われたものの、一部のキャストを入れ替えての再撮影を敢行し、イースター・シーズンに無事お披露目となった。

◆1年前の殺人事件は解決しておらず、真犯人はここにいる?

1954年のクリスマスからストーリーは始まる。資産家のレイチェルが自身の邸宅で何者かに殺害され、彼女と一緒に暮らしていた多くの養子たちの一人であり、金銭面で困窮していたジャックに容疑がかけられる。ジャックは無実を主張するも、獄中で死亡する。

1年後、レイチェルを亡くした夫のリオは再婚を決意し、親戚を招いた結婚式を開く。そこへ、ジャックのアリバイを証明できると主張するキャルガリ博士が登場したことで、一同の祝賀ムードは一変する。警察の捜査は誤りで、レイチェル殺しの真犯人は自分たちの中に潜んでいるのだろうか?

レイチェル役に『THE HOUR 裏切りのニュース』のアンナ・チャンセラー、夫のリオ役に『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイを迎え、家族の一人として『ダウントン・アビー』のマシュー・グードも登場する。イギリスの名優ぞろいの作品となっており、深みのある演技は必見だ。

◆スキャンダルによる危機に素早く対応

本作は、2015年に「そして誰もいなくなった」、 2016年には「検察側の証人」と、同じくクリスティの原作を元としたドラマで脚本を執筆したサラ・フェルプスが引き続き脚本を担当し、2017年のクリスマスにオンエアされる予定だった。しかし、養子の一人であるミッキーを演じていたエド・ウェストウィック(『ゴシップガール』)に性的暴行疑惑が浮上したことから、12月の放映は見送られることに。当人は容疑を否認するも、プロデューサーが彼を外して再撮影する判断を下した。この判断について、Telegraph紙は、性的被害を告発する「#MeToo」運動の高まりを受けた賢明な対応だったと評価している。

エドの代役を務めたのはクリスチャン・クック(『アート・オブ・モア 美と欲望の果て』)で、キャストは2018年1月に再集結し、12日間にわたって撮影のやり直しに挑んだ。Guardian紙は、7月という舞台設定ながらよく見ると白い吐息が確認できるシーンがあると指摘している。

◆緻密な推理とダークな人間模様に酔いしれる

困難を乗り越えて放送にこぎ着けた甲斐があり、視聴者の反応は好意的だ。ミステリだけあって「”死ぬほど”素晴らしかった」との声や、イースターのTV番組の中で断トツだという評価がTwitter上で出ている。また、翌週の放送が待ちきれない、と3夜連続でないのをもどかしく感じるファンもいるようだ。ビル・ナイは、誰が真犯人なのかを推理して楽しんでほしいとコメントしている。

そんな中、序盤はやや退屈で難解にも感じられたとしているのがTelegraph紙。時間が前後に飛ぶことや、外見のよく似た登場人物が多いことが理由のようだが、ストーリーは折り紙つきで、第1話の終わりまでにはしっかりと心を掴まれたと評価している。本作では、モルヒネ中毒やアルコール依存症などの問題を抱えた一族が放つ暗い雰囲気が、お互いが疑心暗鬼に陥るミステリ特有の緊迫感を助長している。ソリッドな推理のロジックに加え、ダークな心理ドラマも見ものだ。(海外ドラマNAVI)
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180412-11771094-dramanavi

113 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 19:54:59.77 ID:OgHsJg2V0.net

>>99
何か妙に現代の価値観をぶち込んでくるし、
犯人すらもはや原作と別人のパターンが多いよね

134 :名無しさん@恐縮です:2018/04/14(土) 11:17:48.92 ID:vR8hsQ6v0.net

>>106 >>109
おお!モナーミ!
私も同じです。
大学生の時にポアロものを全巻読んだけど、中期以降の作品の方が面白く感じましたよ。
早川が独占してる作品、と言った方がいいかなw
末期は地味すぎて印象に残ってない。

中期の作品は再翻訳されてるのかな?
ひさしぶりに読んでみたくなった。

75 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 03:05:44.15 ID:ghWEaZ400.net

>>73
いわゆるミスマープル物のドーバー海峡殺人事件だw

192 :名無しさん@恐縮です:2018/04/16(月) 03:51:56.82 ID:0fm6h5M60.net

三谷のやつ?

39 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 22:20:32.23 ID:yqjvBMzQ0.net

最近日本でもクリスティの映像化が多いから、著作権でも切れたのかと思ったらまだ切れてないみたいだな
乱歩は去年か一昨年くらいに切れたけど

101 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 18:52:27.93 ID:Ac35FTvJ0.net

「ゼロ時間へ」が好きだ

107 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 19:28:11.38 ID:9crAnDLt0.net

>>106
オリエントやアクロイドは初見の衝撃、って価値があるけど
同じポアロものだとナイルとか杉の棺とか五匹の子豚のほうが作品としては読んでて面白かったわ

32 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:58:49.47 ID:Rgt2I3l/0.net

この話すごく覚えてる
よく考えると色々突っ込みどころあるけど面白かった

118 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 20:26:21.23 ID:D5UmqGRH0.net

>>114
象は忘れないは、水準保ってるだろ
少なくとも、小説としては
中盤が冗漫という点では復讐の女神の方がキツいけど、そっちも辛うじて水準には達してると思うし

で、クリスティの最高傑作は、春にして君を離れ

11 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:19:24.06 ID:74xdrDrg0.net

アガサ・クリスティどんだけ最強なんや

28 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:53:40.12 ID:lyUJJV3p0.net

まあ無実じゃないんですけどね

185 :名無しさん@恐縮です:2018/04/15(日) 23:12:48.98 ID:NISRMDAU0.net

>>182
男性だけど、春にして君を離れは傑作だよ。
あの作品のテーマは二つあって、一つは所謂独善的な毒親。
こっちのせいで、女性に人気高いね。

もっと深いもう一つのテーマが、
人間は、何度でも仮借のない自己認識に辿り着くけれど、
(作中の登場人物の言葉を借りれば、「私たちは聖者ではないので」)
自己愛と、それまでに築いた他者との関係性の強固さゆえに、
せっかく得た認識を忘れてしまう、ということ。
主人公だけでなく、旦那も子供たちも、もちろん読者も、
同じように自己認識に辿り着いて、同じように忘れてしまっているかもしれない、
と気づくと、空恐ろしい読後感を味わえるという傑作。
初読では、なかなかそこまで辿り着かないけどw

187 :名無しさん@恐縮です:2018/04/15(日) 23:23:01.15 ID:yIQHDsMP0.net

春にして君を離れは
主人公がモンスター母親でやばいのはすぐわかるんだが
そんな妻を目覚めさせることなく扱いやすい女のままにしておこうとする夫もやばいという読み方もあるな

120 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 20:31:14.24 ID:cwCL9NPx0.net

タイムマシンがあれば過去に戻って代わりに名作連発したいと思ってる作家は多いだろうな
アガサは画期的なアイデアを生み出しすぎだよ

にしてもエラリークイーンとかは映像化少ないな
国名シリーズとかやったことあるのか?
Yは石坂浩二でやったのを見たことあるけど

8 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:14:08.56 ID:NwgWR92p0.net

3週間か
なんかメンドクサ

52 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 23:45:47.48 ID:Kf9nfRh30.net

昔やってたミスマープルは面白かったな

163 :名無しさん@恐縮です:2018/04/15(日) 19:15:04.39 ID:yIQHDsMP0.net

>>161
不倫してたのは最初の旦那だ
そいつと別れてかなり年下の考古学者と再婚した
クリスティが死んでから別の女と再婚したけどな

157 :名無しさん@恐縮です:2018/04/15(日) 10:41:05.30 ID:EtYwf5D30.net

>>148
あれ楽しい気持ちになるよな、読後
三谷はパーカーパインを脚色する方が合ってる気がするなあ

55 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 00:12:54.74 ID:+so8uGgT0.net

テレ朝のクリスティ翻案ドラマは老害・長坂秀佳に書かせてる時点で終わってる。
ミステリのセンスに長けた若い脚本家、いっぱいいるだろうに・・・。

85 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 13:06:06.78 ID:75gOgKPV0.net

>>42
アガサ・ハカセ

145 :名無しさん@恐縮です:2018/04/14(土) 17:08:46.13 ID:r7K97lD/0.net

>>102
せめて大地真央だよな

189 :名無しさん@恐縮です:2018/04/16(月) 00:54:21.26 ID:20JA4LAhO.net

>>188
強権を持った母親に支配された一家を描いた作品は「死との約束」では?
「ねじれた家」は「ポアロのクリスマス」と同様、強権を持ってるのは父親だったと思う

14 :(φωφ) へ(のへの):2018/04/12(木) 21:19:58.43 ID:DM0Frz+G0.net

【幸福の科学】〇川〇法氏からの連絡が来ないように、自宅の電話線も引き抜きました。
https://togetter.com/li/1184189

疑問を持ったきっかけの一つは、大川隆法氏がヤショーダラ妃を長女の過去世であると言い出した事です。

私は耳を疑いました。

もしそちらが真実なら、一体、大川隆法氏がYさんに言ったことは何だったのか、という疑問が起きました。

私はYさんの守護霊のヤショーダラが自分で申し出たと言うので、そういう特別な事情が何かあったのだろうと、

天上界の判断だと思って信じていたのです。

しかし、ヤショーダラ妃が長女であるとなると、大川隆法氏のしたことは詐欺です。

教祖が霊の声を偽ってセックスを職員の女性に強要したという犯罪になります。

6 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:12:06.20 ID:NyB8ExiP0.net

無実
はさいなむ?

115 :名無しさん@恐縮です:2018/04/13(金) 20:01:29.44 ID:OgHsJg2V0.net

>>106
でも晩年の作品はちょっと…
文章もだんだんくどくなっていくし

スパイものだけど、フランクフルトへの乗客はがっかりした

2 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:09:55.14 ID:wQ933vse0.net

>死ぬほど素晴らしい!

死んだことあるんかい!

44 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 22:36:55.57 ID:L+QGo3zC0.net

そう言えばこの間日本のドラマ版あったね
パディントンと、鏡は横にひび割れて
前者は原作の人間模様が楽しくてあのままやればいいのに
イギリスのドラマ版もこの間の日本のドラマ版も脚色を失敗している
兄弟のうちの不良っぽい画家なんて、クリスティも好きなタイプなんじゃないかと思うけど
イギリスドラマ版では変に優秀にし過ぎたり、日本のドラマ版では冴えなかったり

23 :名無しさん@恐縮です:2018/04/12(木) 21:41:23.84 ID:6b6WjtHy0.net

>>1
外見のよく似た登場人物が多いことが理由のようだが、

英ドラは話数少なくて登場人物が多いから分かりにくいことがあるんだよな。

188 :名無しさん@恐縮です:2018/04/16(月) 00:05:38.70 ID:xh36y5Jn0.net

普通によくいる母親なんだよね

クリスティはねじれた家で強権の母親に支配された一家を書いたけど
それとは全然違うタイプ
忘れてしまう暴力にはかなわないw

10 :(φωφ) へ(のへの):2018/04/12(木) 21:18:30.33 ID:DM0Frz+G0.net

「邪教・幸福の科学」の正体
https://jyakyoukohukunokagaku.wordpress.com/2018/04/10/%E3%80%8C%E9%82%AA%E6%95%99%E3%83%BB%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93/

幸福の科学がユートピア建設?

有り得ませんww

教団を御覧下さい。

「ノルマ達成出来なきゃクビ」という原則に脅される職員たち。

完全な恐怖支配です。

支部もまた、同じ状態。

コレ、幸福の科学で説くところの、地獄の悪魔による支配と全く同じ光景です。

そう、犬川には、コレしか出来ないのです。

そう、彼自身が魔物だからです。

手近な女に片っ端から手を出し姦りまくる姿、これは「神」のやることではありません。

集金ノルマを課し、信者が飛び降り自殺するまで苦しめる「神」など、有り得ないのです。

「黒幕」の強大な魔力に呑まれ、その中で溺れているのが犬川の惨めな姿です。

そう、弄ぶだけ弄ばれて、ポイッと捨てられる時期が迫っています。

30年、経ちました。

教団にも、支部にも、ユートピアを建設出来ませんでした。

今、支部は伽藍洞の閑古鳥。

たいした宇宙神ですねww

~男前向けPR~

~★大人向けPR★~


関連記事

  1. 【テレビ】東国原英夫「うらやましくてしょうがないよ!」 阿川佐和…

  2. 【芸能】一気にやつれた?本田翼の「バッサリショート」に心配の声

  3. 【野球】エンゼルス大谷、トミージョン手術か 復帰は2020年シー…

  4. 【サッカー】<長友佑都>日本帰国「猫背で、表情暗い人かなり多いな…

  5. 【高校野球】米子北が対外試合禁止、流通経大柏監督は暴力で謹慎

  6. 【お笑い】さんま ついにインスタ開設 撮影は木村拓哉…元日からア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る